今では幸せなママの上戸彩さんがイメージキャラクターを努める「ナースではたらこ」で転職を考えている看護師さんもいらっしゃるとは思いますが・・・

実は、最近、テレビで人気の女性お笑い芸人「おかずクラブ」のオカリナさんが、看護師さんだったのを、ご存知でしょうか?

 日本テレビの実写版「天才バカボン」でバカボンを演じたのがオカリナさんです。オカリナさんはNSCの養成所(吉本興業)に入るまでの3年間を看護師さんとして働いていたということでが・・・

もし、オカリナさんが担当の看護師さんだったら、辛い入院生活もホッコリできたのではないかと思います。

オカリナさんは、お笑い芸人へと転職しましたが、その理由の一つが点滴をさすのが苦手だったということらしいです。 

う~ん、患者の立場としては、お笑い芸人さんへ転職してくれてよかった!(^^)! 点滴が苦手と言うことは、もちろん採血もですよネ~ 

実は私、2カ月に一度ぐらい、血液検査を受けています。また、点滴を受けたりすることもあります。一番困るのが、点滴途中で、薬が入らなくなったり・・・

また、採血の時に血管が見つからなくなったり・・・これって、本当に辛いです(>_<) 短大へ通っていた若い頃に、胃の調子が悪くて、病院へ行く都度に点滴を打たれたのですが、いつも途中で薬が漏れ出して、ダメになって、もう一度、注射針を抜いてやり直し・・・ そんな事がいつもだったので、点滴をした部分がブス色(内出血のような色)になって、夏なのに、半袖が着れなかったという辛~い思い出があります。 そんなトラウのせいで、今でも、「採血しましょう!」って言われると、本当にイヤなんですが・・・・ 最近は看護師さんの腕が良いので、辛い思いをすることは無くなりました(^^)v ただ、去年人間ドックへ行って採血の時に、看護師さんが、一度注射針を刺してから、「ちょっと待ってください!」って、注射針を抜きました。 そしてベテランの看護師さんが代わってきて、「ごめんなさい! 新人なので代わります。」って・・・最初の看護師さんは注射針を刺す前に、何度も血管の出たあたりを、指で叩いていたので、「あれっ?」と思ったのですが・・・ ベテラン看護師さんの話では、私の血管がダメで採血が出来なかったということではなかったので、ホッとしました。やはり、採血・点滴は看護師さんの腕次第!!!  「ナースではたらこ」で転職を考えている看護師さんの転職理由がオカリナさんのように「点滴が苦手だから・・・」っていうことではないことを願っています(笑)