風景

夏至が過ぎて、これからは昼の時間が少しづつ減少していきますが、いつも“さっぽろ駅エリア就活ガイド”をご覧になっているみなさまは、変わりなくお過ごしでしょうか?

6月18日(木)に、安倍総理が首相官邸で記者会見を開き、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために求めてきた移動自粛の全面解除を表明しました。

また会見では「社会経済活動を犠牲とするこれまでのやり方は長続きしない。できる限り制限的でない手法で感染リスクをコントロールしながら、しっかりと経済を回していく」と述べました。

PC検索

移動自粛が解除された、6月21日にNTTドコモが発表した「モバイル空間統計」では、都道府県をまたぐ移動自粛解除後、観光客が多い都道府県での流入人口が増加していることが明らかになりました。

調査方法は携帯端末数から人口を推計したもので、都道府県をまたぐ移動自粛解除後の土日を対象に、居住地情報の都道府県と異なる都道府県に滞在していた人口を集計し、県間移動人口として分析したものです。

その結果では、観光客が多い都道府県での流入人口では北海道は前週の土日と比較して、1都3県、愛知県、大阪府からの流入人口が約2割増加していて、1都3県は前週の土日と比較すると、他県からの流入人口が全体的に約1~2割増にとどまっているようです。

また、沖縄県は東京や大阪からの流入人口が約6割増加していますが、流入人口の絶対数としては多くないとしています。

さらに、1都3県と北海道の流出人口では、北海道の居住者は前週の土日と比較して、他県への流出人口が約1割の増にとどまっているので、県をまたがる移動は少ないようです。

1都3県の居住者については前週の土日と比較して、1都3県間の流出人口は1~2割の増加にとどまっています。 ただ、1都3県の近隣の県への流出人口が増加していて、長野県、山梨県については約6~9割増加が、栃木県、静岡県については約4~5割増加しています。

マスク

これから、さらに居住地以外の移動が増えていくと思いますが、新型コロナウイルス感染症専門家会議が提言する「新しい生活様式」を基準として、行動をしていただきたいと思います。

やはり、どの様なときにも「密」に注意をしていただきたいものですネ~ 先日も、クールマスクの販売に異常なほど「密」という状態で、行列ができたというニュースが流れていたので、これでは本末転倒なのでは???

さて、移動自粛が解除されたということで、商業施設・観光地では、新たに働き手が必要になってくると思いますので、仕事を探している方は、、、

タウンワークマッハバイト・LINEバイト等、多くの求人情報サイトを利用して“ウィズコロナ”における日常の働き方を考えてみてはいかがでしょうか? これからも新型コロナウィルスに用心しつつ、1歩1歩進んでいきましょう!!! コロナに負けるな(^_-)-☆


マッハバイト

マッハバイト