ウイルス

8月に入っても新型コロナウィルス感染者数は増加し続けています!!! 私が暮らす北海道では、札幌市以外はそれほど感染が広がっていないようですが、札幌市では、連日感染者が出て続けています。

たしかに、東京・大阪・愛知・神奈川・福岡などと比べると感染者数が低いので、真剣な対策が取られていないのでしょうか? ススキノ地区の接待を伴う飲食店でクラスターが発生しても、店舗側の了解が得られないということで、いまだに店名の公表はされていません。

感染の可能性がある人でも、店名が公表されなければ、「もしかして自分が?」なんて、考えてもいないかもしれません。 さらに、すでに今年は中止と報じられていた夏の風物詩のさっぽろ大通ビアガーデンですが、何故か?さっぽろ大通ミニビアガーデン (2020年7月31日(金)~8月16日(日))として、開催されることになりました。
雪像
2月の雪まつりを強行して、北海道を日本での感染の第1波としてしまったことを忘れてしまったのでしょうか?

また、昨日、札幌市秋元市長の会見がありましたが、「札幌から道内各地に帰省するケースが多いと思うが、感染リスクの高い行動には注意してほしい。

道外へ行く場合には感染状況に十分注意し、自治体が行っている呼びかけを確認した上で過ごしてほしい」との呼びかけでしたが、市長の言葉に、現在、感染者数が増加している地区の首長のような、説得力がありませんし、実際に、オンラインで会見を見ていますが、何を言っているのか、さっぱり響いてきません。

注射

また、新型コロナウイルスに加えてインフルエンザも流行するとみられることし11月ごろまでに市内の複数の病院に発熱者専用の外来を設置し、医療体制の強化を急ぐという考えを示していましたが、私からすれば、経済優先ではなく、いま、現在の新型コロナ対策を表明すべきだと思います。

11月の発熱外来は、いまから準備を始めても、得意げに発表するのは、いまじゃ無いと思います。 8月5日現在で、全国の感染者数は、1357人で連日、感染が広がっている地区では、それまでの感染者数を超える数値が発表されています。

新型コロナに対する危機意識が弱い現在の札幌市では、いつ、こうなるのかわからないのです。

札幌では、公共交通機関内でマスクをしていない人が見受けられますが、車内の中吊りポスターでマスクの使用を呼びかけるだけではなく、車内放送で、マスクの使用を呼びかけた方が効果があるのではないかと思います!!!

視覚より聴覚に訴えた方がより良いのでは? 新型コロナに対する中途半端な対策をしていたのでは、いつまでも感染者が減らずに、市長が望む経済が疲弊していくのではないでしょうか?

◎人との間隔はできるだけ2mあけること
◎外出時、屋内にいる時、会話をする時は、症状がなくてもマスクをつけること
◎いわゆる「3つの密」を避け、毎朝体温を測るなど健康チェックを行うこと
◎テレワークや時差出勤といった新しい働き方を定着させること
という「新しい生活様式」のこの4点をいつも心に止めて、新型コロナウィルスにも、夏の猛暑にも負けないで、頑張りましょう(^_^)v