地震2018年9月6日早朝3時08分頃、震度7の大地震が発生しました。突然の大きな揺れに飛び起きて、これはヤバイ!!すぐに服を着ましたが揺れの長さは、、、さほど長くは感じませんでした。揺れにしても札幌市は6弱~4迄、、、私は2強くらいに感じました。丈夫なマンションと安堵しました。

しかし、、、しばらくは電気がついていましたが、突如、停電、、、大停電です。北海道全域が停電です。過去に例がない大停電です。また、給水もスットプ、二重の生活基盤を奪われる事態になりました。過去に、これほどの経験はありません。

余震が心配でしたが私の住んでいる地区は大きな余震はありませんでした。しかし札幌市内でも場所によっては震度6弱、東区元町という所では、道路も陥没、相当のダメージがありました。

清田地区では液状化現象による被害に遭い、道路の陥没、家の傾き、地面へクルマが埋る、マンホールが隆起する等、大きな被害に遭いました。水のない生活、電気のない生活、もう、、、大変です。

よく飲み水がないと大変と言いますが、、、それよりもマンションではエレベーターが停止する為、階段を水を持って往復しなければなりません。これは、とても辛いです。高齢者は困難を強いられたと思います。

水を一番使用頻度の高いのは、トイレ流しの水です。これに相当量の水を使用します。トイレ用に18ℓポリ容器1~2コ、飲料水等に18ℓポリ容器1コ、必要でしょう。これを復旧する日にちを掛けると必要な水が確保出来るでしょう。

また、電気の無い生活も辛いです。全ての電化製品がスットプします。テレビ、ラジオ、電話、電子レンジ、エアコン、その他もろもろ、、、

特にスマホの電源確保は重要でスマホがダウンすると情報や連絡は途絶えます。死活問題になる方も出てくる可能性もあります。たえず充電しておきましょう。また、充電バッテリー等もあると良いでしょう。自動車にスマホ充電できるキットを備えるのも良いでしょう。

忘れたころに災難はやってくると言いますが、本当のようです。北海道胆振(いぶり)東部地震のあった北海道の皆さん、頑張りましょう。全面復旧は1週間程度かかると政府で発表しています。

電気は本日、、、9月8日中には復旧の見込み?一部は無理な地区もあるでしょう。また、東日本大震災のときも実施された計画停電も考えられているようです。節電には心掛けて完全復旧に向けて今日力しましょう。電気が復旧したのでブログを更新しています。まだ無理と思っていましたが、ホッとしています。